追播翌年における一番草の刈取時期が追播オーチャードグラス(Dactylis glomerata L.)の茎数および全牧草収量に及ぼす影響

追播翌年における一番草の刈取時期が追播オーチャードグラス(Dactylis glomerata L.)の茎数および全牧草収量に及ぼす影響

レコードナンバー670857論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20003018NACSIS書誌IDAA11581705
著者名西村 光博
林 恵介
書誌名九州大学農学部農場研究報告 = Bulletin of the Kyushu University Farm
別誌名農場研究報告
発行元九州大学農学部附属農場
巻号,ページ11号, p.6-10(2003-03)ISSN13465643
全文表示PDFファイル (905KB) 
抄録本報告では、荒廃した草地の植生回復を簡易的に図るための追播技術を確立することを目的として、追播翌年における一番草の刈取時期が追播オーチャードグラス(Dactylis glomerata L.)の茎数と全牧草収量に及ぼす影響について検討を行った。実験では、短草型草種優占の放牧草地を長草型草種主体の採草地へ簡易更新する際、草地用条播機を用いて追播した翌年の刈取時期が追播草の茎数密度および全牧草収量に及ぼす影響について検討を行った。実験の結果、追播を行った場合、翌年一番草において早刈りを行うことは、梅雨明け7月の茎数密度において遅刈りの場合の5割増加を示したことや、追播を行わない場合の2割程度の増収が認められた。これらのことから、追播翌年の一番草の早期刈取りを行うことは追播オーチャードグラスの定着を促進し、全牧草の増収に寄与することなど、荒廃草地の植生回復あるいは草地の簡易更新に有効であることが示唆された。
索引語草;草地;茎;牧草;年;オーチャードグラス;収量;植生回復;草型;密度
引用文献数19
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat