レモンおよびリンゴ果皮の抗酸化成分・機能に及ぼす光の影響

レモンおよびリンゴ果皮の抗酸化成分・機能に及ぼす光の影響

レコードナンバー670987論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名近藤 悟
吉川 裕志
中谷 宗一
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ72巻・ 3号, p.221-223(2003-05)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (316KB) 
抄録レモン‘リスボン’およびリンゴ‘ふじ’果実の抗酸化機能およびアスコルビン酸、β-クリプトキサンチンおよびポリフェノールに及ぼす光条件の影響を検討した。レモン果皮におけるスーパーオキサイドアニオン(O2(-))ラジカルおよび1、1-ジフェニル-2-ピクリルヒドラジル(DPPH)ラジカル消去活性のIC50値は、無処理区に比べ樹冠遮光区の果皮で高くなった。リンゴ果皮においても、これらのIC50値は無処理区に比べ樹冠遮光区および果実遮光区で高くなった。樹冠遮光区のレモン果皮ではアスコルビン酸およびβ-クリプトキサンチン濃度が無処理区の果皮より低下し、リンゴでも樹冠および果実遮光区の果皮のポリフェノール濃度は低下した。以上の結果は、光が果実中における抗酸化成分を制御し、抗酸化機能に影響することを示唆する。
索引語果皮;遮光;リンゴ;酸化;果実;樹冠;機能;光;処理;成分
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat