ダイズ新品種「エルスター」の育成とその特性

ダイズ新品種「エルスター」の育成とその特性

レコードナンバー670995論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20003504NACSIS書誌IDAA11598810
著者名高橋 将一
松永 亮一
小松 邦彦
羽鹿 牧太
酒井 真次
異儀田 和典
中澤 芳則
書誌名九州沖縄農業研究センター報告
別誌名Bulletin of the NARO Kyushu Okinawa Agricultural Research Center (NARO/KARC)
Bull. Natl. Agric. Res. Cent. Kyushu Okinawa Reg.
九州沖縄農研報告
発行元農業技術研究機構九州沖縄農業研究センター
巻号,ページ42号, p.49-65(2003-03)ISSN13469177
全文表示PDFファイル (1040KB) 
抄録ダイズ新品種「エルスター」は、暖地栽培に適し、子実中の青臭みの発生に関与する酵素、リポキシゲナーゼを全て欠失したダイズ品種の育成を目標に、農林水産省九州農業試験場(現、独立行政法人農業技術研究機構九州沖縄農業研究センター)において育成された。「エルスター」は「フクユタカ」を母とし、「九交355(M3)」(のちの「いちひめ」)を父として人工交配し、その交雑後代のF2個体を「フクユタカ」に戻し交配し、さらに、臍色を黄色にするため「むらゆたか」と交配を行い、選抜・固定を図ってきたものである。2000年8月に、品種としての優良性が認められ、「エルスター」(だいず農林115号)として登録された。本品種は九州地域の基幹品種の「フクユタカ」および「むらゆたか」に形態的、生態的特性がよく似ており、九州での栽培に適している。さらに、子実収量、子実粗蛋白含有率においても「フクユタカ」並に優れ、リポキシゲナーゼ欠失ダイズの安定供給に貢献するものと期待される。
索引語ダイズ;育成;子実;品種;新品種;特性;栽培;暖地;発生;酵素
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat