LC/MSによる5-Enolpyruvylshikimate-3-phosphate Synthaseの酵素活性の測定

LC/MSによる5-Enolpyruvylshikimate-3-phosphate Synthaseの酵素活性の測定

レコードナンバー671034論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名奥貫 晴代
穐山 浩
手島 玲子
日野 明寛
合田 幸広
澤田 純一
豊田 正武
米谷 民雄
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ44巻・ 2号, p.77-82(2003-04)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (702KB) 
抄録シキミ酸経路の酵素である5-eno1pyruvy1shikimate-3-phosphate synthase(EPSP synthase)の酵素活性を測定するためのLC/MSを確立した。EPSP synthaseは微生物および植物体においてshikimate 3-phosphate(S-3-P)とphosphoeno1pyruvate(PEP)から5-eno1pyruvy1shikimate 3-phosphate(EPSP)の形成を触媒する酵素である。遺伝子組換え大豆のAgrobacterium sp.株CP4グリホサート耐性EPSP synthaseは、3 nmo1 S-3-Pの存在で736 EPSP pmo1/min/mg proteinのEPSP活性を示した。対照的に、非遺伝子組換え大豆の酵素活性は21 EPSP pmo1/min/mg Proteinであった。
索引語酵素;活性;測定;遺伝子組換え;酸;微生物;植物体;形成;触媒;耐性
引用文献数19
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat