根粒菌の系統分類

根粒菌の系統分類

レコードナンバー671227論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016779NACSIS書誌IDAN00352796
論文副題過去・現在・将来
著者名澤田 宏之
書誌名土と微生物
別誌名Soil microorganisms
発行元土壌微生物研究会
巻号,ページ57巻・ 1号, p.39-64(2003-04)ISSN09122184
全文表示PDFファイル (2801KB) 
抄録マメ科植物の根粒菌(共生窒素固定菌)を含むことが確認されている菌種は現時点(2003年2月)で12属44種(新種に相当すると考えられる4つの分離菌を含めた)に及ぶ。これらは、16SrDNA系統樹において根粒菌として1か所にまとまることはなくAlphaproteobacteriaからBetaproteobacteriaにかけて分布する以下の9つの単系統群(1~9)に分散すること、根粒菌以外の菌種(以下の括弧内に示した)と混在しながらそれぞれの単系統群を構成していることが認められた。それ以外の6つの単系統群に関しては、A)人為分類に基づく現行の分類体系を今後もそのまま存続させていく;B)分子系統解析の結果を重視、単系統群全体を1つの属としてまとめる;C)単系統群の中に認められるより小さな系統ごとに属として独立させる、という3つの選択肢のうちBあるいはCを有力候補としながら、属レベルの分類体系(定義と範囲)に関する研究・議論がこれから活発に進められていくであろう。
索引語系統;根粒菌;分類;属;種;体系;マメ科;植物;共生;窒素固定
引用文献数104
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat