イネ糯誘発突然変異系統の餅加工特性

イネ糯誘発突然変異系統の餅加工特性

レコードナンバー671330論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015503NACSIS書誌IDAA11317194
著者名小林 和幸
合田 梢
河合 由起子
ほか5名
書誌名育種学研究 = Breeding research
発行元日本育種学会
巻号,ページ5巻・ 2号, p.45-51(2003-06)ISSN13447629
全文表示PDFファイル (739KB) 
抄録O. sativa(品種:農林8号、レイメイ、ニホンマサリ)、およびO. glaberrimaから人為的に誘発された糯突然変異系統の餅加工特性を評価した。また、これらを異なる登熟温度条件で栽培することにより、登熟温度に対する加工特性の反応を調査した。その結果、O. glaberrimaの糯突然変異系統は、「こがねもち」以上の極めて高い餅硬化性と糊化開始温度を示し、O. sativaの糯突然変異系統は実用品種に比べ低い特性を示した。「ニホンマサリ」由来の突然変異系統では、登熟温度の上昇にともなって、餅硬化性が低下するものが認められた。「レイメイ」由来の突然変異系統においては、餅硬化性が低いにも関わらず澱粉の粘度特性は高いという特性を見出した。原品種を同じくする突然変異系統群内では、登熟温度がほぼ同じであったが、餅硬化性、熱糊化特性、および見かけのアミロース含有率に多様な変異が認められた。本研究によって見出された特徴的な加工特性を有するイネ糯誘発突然変異系統は、新たな餅加工食品や多種多様な加工形態に対応するための有用な育種素材の供給源となり得るものと考えられる。
索引語イネ;突然変異;系統;加工;特性;品種;変異;登熟;温度;条件
引用文献数18
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat