ニホンコウノトリ嘴損傷に対する金属鑷子の応用

ニホンコウノトリ嘴損傷に対する金属鑷子の応用

レコードナンバー671501論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名井上 輝男
松島 興治郎
佐藤 稔
ほか1名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ56巻・ 3号, p.157-160(2003-03)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (1266KB) 
抄録ケージ内で飼育されていた4羽のニホンコウノトリ(Ciconia boyciana)の嘴損傷に外科的治療を行った。4例中3例は下嘴の損傷であり、1例は上・下嘴の損傷であった。損傷部の治療方法として、金属鑷子と動物用弾力包帯を用いて外固定を実施した。治療には、損傷嘴先端を閉鎖する処置と損傷嘴先端を露出させる2方法を施した。嘴先端部の完全欠損症例については、前者の治療法が有効で、金属鑷子が代用嘴ともなり得た。今回の嘴損傷治療法は、処置が簡便で、かつ強固な固定を維持することができた。その結果、受傷後の嘴機能の回復が早く順調な経過を示した。
索引語損傷;ケージ;外科;治療;動物;固定;機能;ニホンコウノトリ;嘴;金属鑷
引用文献数3
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat