1999年集集台湾地震後の土砂災害の推移と地形変化

1999年集集台湾地震後の土砂災害の推移と地形変化

レコードナンバー671542論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00020532NACSIS書誌IDAN10592752
論文副題清水渓上流を例にして
著者名地頭薗 隆
下川 悦郎
車 張堅
王 文能
書誌名鹿児島大学農学部演習林研究報告 = Research bulletin of the Kagoshima University forests
別誌名Res. bull. Kagoshima Univ. For.
鹿大演研報
演習林研究報告
発行元鹿児島大学農学部演習林
巻号,ページ30号, p.9-18(2002-12)ISSN13449362
全文表示PDFファイル (2444KB) 
抄録1999年9月21日に発生した集集台湾地震は甚大な人的・物的被害をもたらした。同時に、台湾中央部の山地では多数の斜面崩壊・土石流が発生した。斜面崩壊や土石流により生産された土砂は大雨のたびに流出して土砂災害を引き起こしている。本研究は、現地調査と空中写真判読に基づいて、地震とその後の降雨によって引き起こされた斜面崩壊・土石流の空間的・時間的分布と、それらによる生産土砂量について検討したものである。調査地は、台湾中央部の濁水渓支川の清水渓上流である。得られた結果をまとめると次の通りである。1.豊山調査地(流域面積10.76km2)には131箇所以上の斜面崩壊地が空中写真から判読された。調査流域の崩壊面積の合計は1.35km2、崩壊面積率は12.5%であった。崩壊深を1mと仮定すると比生産土砂量は約13万m3/km2となる。2.生産された土砂は、大雨のたびに流出している。調査地では、地震前は土石流が年に1回程度発生していたが、地震後の2000年には20回以上の土石流が発生した。土砂の流出は、土砂災害を引き起こすと同時に河川地形を変化させている。3.調査地の河川沿いには新旧の土石流段丘が観察される。台湾では大きな地震が過去に繰り返し発生しており、地震による崩壊の発生は山地や河川の地形を変化させるあもの原因となっている。
索引語地震;土砂;災害;地形;被害;台湾;山地;斜面;崩壊;土石流
引用文献数3
登録日2011年06月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat