木質・セメント成型体の海藻礁としての効果(1)

木質・セメント成型体の海藻礁としての効果(1)

レコードナンバー671573論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00010775NACSIS書誌IDAN10102048
論文副題忍路湾に設置した小型試験体の現在量調査結果
著者名堀江 秀夫
菊地 伸一
阿部 龍雄
清水 光弘
小川 尚久
東 智則
書誌名林産試験場報
別誌名Journal of the Hokkaido Forest Products Research Institute
発行元北海道立林産試験場
巻号,ページ17巻・ 3号, p.1-7(2003-05)ISSN0913140X
全文表示PDFファイル (1501KB) 
抄録近年、北海道の日本海沿岸部では磯焼けが発生し、大きな問題となっている。この対策の一つとして、効果的な海藻礁の開発が望まれている。木チップとセメントを原料とした木質・セメント成型体には、木チップにより凹凸をもつ表面ができるとともに、木チップが海虫の食害を受けることにより表面が自然に崩壊・更新する可能性がある。そこで本研究では、木質・セメント成型体の特徴を活かした海藻礁の開発に取り組んだ。木質・セメント成型体を用いた小型の海藻礁試験体を製造し、1998年に北海道日本海南西部の忍路湾内に設置した。この試験体の海藻現存量を調査することにより、木質・セメント成型体の海藻礁としての効果を検討した。その結果、表面に凹凸がある木質・セメント成型体は、表面が平滑なコンクリートよりも大型有用海藻の着生に効果があることが明らかとなった。一方、3年間の設置期間では目立った表面セメント層の磨耗が観察されず、表面の自然崩壊・更新を確認することはできなかった。
索引語セメント;効果;北海道;日本海;磯焼け;対策;開発;チップ;原料;表面
引用文献数21
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat