暑熱時におけるイネホールクロップサイレージ給与の有用性

暑熱時におけるイネホールクロップサイレージ給与の有用性

レコードナンバー672139論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005567NACSIS書誌IDAA11587869
著者名島崎 香
富田 道則
春日 政夫
書誌名埼玉県農林総合研究センター研究報告 = Bulletin of the Saitama Prefectural Agriculture and Forestry Research Center
別誌名埼玉農総研研報
発行元埼玉県農林総合研究センター
巻号,ページ2号, p.107-110(2002-10)ISSN13467778
全文表示PDFファイル (267KB) 
抄録粗濃比4:6に設計したTMR飼料中の粗飼料をトウモロコシサイレージ(TS区)、チモシー乾草(CH区)、イネホールクロップサイレージ(WCS区)に変えた3区を設定し、暑熱時に給与試験を実施した。WCS区は乾物摂取量においてCH区と同等であり、TS区との間に有意な差がみられた(P<0.05)。乳量、乳成分においてWCS区はCH区に比べ、やや劣っていた。しかし、平均体重ではCH区が最も少なく、個体別の体重推移でも6頭中3頭がWCS区の体重が最も多かった。暑熱時に高い乾物摂取量を維持しながら、体重を減らさず生乳生産できる粗飼料として、WCS給与の有用性が認められた。
索引語体重;粗飼料;乾物;摂取;飼料;トウモロコシ;サイレージ;チモシー;乾草;乳量
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat