スダチの果面食害虫による被害の発生と簡易スプリンクラーによる防除

スダチの果面食害虫による被害の発生と簡易スプリンクラーによる防除

レコードナンバー672269論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011495NACSIS書誌IDAA11682928
著者名中西 友章
貞野 光弘
河野 由希
書誌名徳島県立農林水産総合技術センター果樹研究所研究報告 = Bulletin of Tokushima Prefectural Agriculture, Forestry and Fisheries Technology Center Fruit Tree Research Institute
別誌名果樹研究所研究報告
Bull. Tokushima. Pref. Fruit Tree. Res. Ins.
徳島果研報
徳島県立農林水産総合技術センター果樹研究所研究報告書
発行元徳島県立農林水産総合技術センター果樹研究所
巻号,ページ2号, p.13-21(2003-03)ISSN13472518
全文表示PDFファイル (741KB) 
抄録スダチの果実表面を食害する害虫に対する有効かつ省力的な防除体系の確立を目的に、被害の実態調査および各種の防除試験を行った。果面食害虫による被害果の発生について、露地スダチ園で薬剤手散布区と簡易スプリンクラー区を設置し、収穫前の約2ヶ月間、調査した。両区とも被害果は6月下旬頃から見られ初め、収穫期の8月下旬まで発生するが、発生量は7月に多い傾向にあった。このことから、防除時期は7月上旬を基幹防除とし、さらに発生状況に応じて補完防除を6月下旬もしくは7月下旬にするのが良いと思われた。また、収穫した果実の食害果率は簡易スプリンクラー区と手散布で大きな差はなかった。実証試験として7月上旬にクロルフェナピルフロアブルを、7月下旬にDDVP乳剤を散布した結果、収穫した果実の食害果率は過去3カ年(7月上旬にDDVP乳剤散布)の約半分に当たる手散布区1.5%、簡易スプリンクラー区1.7%に軽減できた。
索引語防除;発生;散布;害虫;果実;収穫;被害;調査;表面;省力
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat