酸性化多孔質ケイ酸カルシウム水和物の苗箱施用が水稲苗の生育・養分吸収に及ぼす影響

酸性化多孔質ケイ酸カルシウム水和物の苗箱施用が水稲苗の生育・養分吸収に及ぼす影響

レコードナンバー672316論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011749NACSIS書誌IDAN00195767
著者名三枝 正彦
平内 央紀
渋谷 暁一
ほか2名
書誌名日本土壌肥料學雜誌 = Journal of the science of soil and manure, Japan
別誌名日本土壌肥料學雜誌 : 土壌・肥料・植物栄養
Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition
日本土壌肥料学雑誌
発行元日本土壌肥料學會
巻号,ページ74巻・ 3号, p.333-337(2003-06)ISSN00290610
全文表示PDFファイル (536KB) 
抄録酸性化多孔質ケイ酸カルシウム水和物(APS)の苗箱施用が、水稲苗の生育、養分吸収に及ぼす影響について検討するために水稲品種ひとめぼれを用いて育苗試験を行った。1.酸性化多孔質ケイ酸カルシウム水和物の苗箱施用によって、水稲苗の地上部の乾物重の増加、充実度の向上、葉身の直立が認められた。水稲苗の地上部カルシウムおよび硫黄含量は、酸性化多孔質ケイ酸カルシウム水和物の施用により高くなった。また、地上部ケイ酸含量は、酸性化多孔質ケイ酸カルシウム水和物の施用量に応じて高くなり、育苗倍土と酸性化多孔質ケイ酸カルシウム水和物を3:1の割合で混合した区で、シリカゲルの標準施用量(200g/箱)と同程度となった。2.各種水稲苗に対する酸性化多孔質ケイ酸カルシウム水和物の施用は、地上部乾物重、苗の充実度を増加させることが明らかとなった。水稲苗のケイ酸含量は、酸性化多孔質ケイ酸カルシウム水和物の施用により、乳苗で16%、稚苗で60%、中苗で42%、成苗で55%程度増加した。育苗倍土と酸性化多孔質ケイ酸カルシウム水和物を3:1で混合した区のケイ酸含量は乳苗を除いてはシリカゲルを箱当り200g施用した区と同程度であった。以上から、酸性化多孔質ケイ酸カルシウム水和物の苗箱施用は水稲苗の苗質、ケイ酸栄養の向上に極めて有効であり、その効果は酸性化多孔質ケイ酸カルシウム水和物と育苗倍土を3:1の割合で混合したときシリカゲルの標準施用量(200g/箱)に相当することが明らかとなった。
索引語ケイ酸;苗;カルシウム;酸性;施用;水稲;育苗;土;生育;養分吸収
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat