ベンズアルデヒドヒドラゾンとセミカルバゾンのカイコ生体アミン受容体に対する作用

ベンズアルデヒドヒドラゾンとセミカルバゾンのカイコ生体アミン受容体に対する作用

レコードナンバー672327論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010122NACSIS書誌IDAA11818622
著者名尾添 嘉久
Khan Md.A.A.
書誌名Journal of pesticide science
別誌名日本農薬学会誌. 和文編
日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ28巻・ 2号, p.194-199(2003-05)ISSN1348589X
全文表示PDFファイル (557KB) 
抄録ベンズアルデヒドのヒドラゾン(HZ)4種とセミカルバゾン(SCZ)6種を合成し、昆虫の生体アミン受容体と相互作用してアデニル酸シクラーゼ活性を変化させる活性を調べた。合成した化合物のうち、フェニル基の4位に水酸基を持つ2化合物(HZ-01とSCZ-03)がカイコ5齢幼虫頭部膜画分のcAMPレベルを低下させることがわかった。SCZ-03は、フォルスコリンによるアデニル酸シクラーゼ活性化時に生じるcAMPレベルも濃度依存的に低下させた。また、生体アミンであるチラミンとドーパミンもcAMPレベルを低下させる活性を持っていた。ドーパミン受容体とチラミン受容体のアンタゴニストはSCZ-03の作用を打ち消した。以上の結果から、SCZ-03によるcAMPレベル低下はチラミン受容体とドーパミン受容体に対する非選択的アゴニスト作用によるものであると推察される。
索引語受容体;生体;アミン;作用;活性;カイコ;種;酸;化合物;フェニル
引用文献数30
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat