地域食品製造副産物を利用した高機能畜産物の生産技術の開発

地域食品製造副産物を利用した高機能畜産物の生産技術の開発

レコードナンバー672393論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012157NACSIS書誌IDAN1018630X
論文副題ベニバナ色素抽出カスを用いた鶏卵黄色改善効果
著者名松馬 定子
荒金 知宏
佐野 通
森 尚之
奥田 宏健
書誌名岡山県総合畜産センター研究報告 = Bulletin of the Okayama Prefectural Center for Animal Husbandry & Research
別誌名Bulletin - Okayama Prefectural Center for Animal Husbandry & Research
岡山総畜セ研報
発行元岡山県総合畜産センター
巻号,ページ14号, p.55-58(2003-03)ISSN09154728
全文表示PDFファイル (385KB) 
外部リンク
抄録食品製造副産物のベニバナ色素抽出カスの乾燥粉末を採卵鶏成鶏飼料に添加して産卵初期~産卵ピーク時の採卵鶏に給与し、卵黄色等卵質へ与える影響について調査した。1.ベニバナ色素抽出カス添加試験区における産卵率、体重、飼料摂取量、卵重及びハウユニットは、対照区と比較していずれも有意差がなかった。2.卵黄色は、カラーファンの判定では有意差を認められなかった。色差計測定では5%給与群のa値は、対照区と比較して薄くなる傾向が認められた。3.ベニバナ色素抽出カスを添加給与した場合、鶏卵に移行する色素は赤色系色素より黄色系色素が多いと考えられ、消費者の好むオレンジ色の卵黄色に改善することは困難であった。
索引語色素;抽出;色;産卵;卵黄;添加;食品製造;副産物;鶏卵;採卵
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat