ダイアンサス属植物における花弁色素構成及び色素生合成関連遺伝子の解析

ダイアンサス属植物における花弁色素構成及び色素生合成関連遺伝子の解析

レコードナンバー672877論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015818NACSIS書誌IDAN0004334X
著者名柳下 良美
大矢 武志
北 宜裕
書誌名神奈川県農業総合研究所研究報告 = Bulletin of the Agricultural Research Institute of Kanagawa Prefecture
別誌名Bulletin of the Kanagawa Prefectural Agricultural Research Institute
発行元神奈川県農業総合研究所
巻号,ページ143号, p.1-11(2003-03)ISSN03888231
全文表示PDFファイル (1298KB) 
抄録ダイアンサス属植物137種・品種・系統の花弁色素成分の比較・分析と色素合成関連遺伝子の単離及び構造解析を行った。野生種には、紫、紫赤、赤及び橙赤の色相に属する花弁色を持つ種・系統は認められず、いずれもリンゴ酸でアシル化されたCy3MaG及びCyclic MaCy3G5Gを主要色素として有していた。数種・品種・系統のダイアンサス属植物からRT-PCR及びPCRによりカルコン合成酵素(CHS)、ジヒドロフラボノール4-還元酵素(DFR)、フラバノン3-水酸化酵素(F3H)及びアントシアニジン合成酵素(ANS)のcDNA及び構造遺伝子を単離し、構造解析を行ったところ、いずれも、種・品種・系統間におけるコード領域配列は高度に保存されていた。一方、それらの構造遺伝子について調べてみたところ、CHSとDFRでは、エキソン配列は高度に保存されているのに対し、イントロン配列は種間で変異が認められた。また、DFRのcDNA及び構造遺伝子には、既報のカーネーションのdfr-cDNAには存在しない25bpの挿入配列が認められたことから、花弁組織内で複数のDFRが発現していることが示唆された。以上の結果から、ダイアンサス属植物においては、花色発現に関する基本的な生合成系は共通していることが示された。
索引語種;色素;遺伝子;構造;属;植物;系統;酵素;配列;解析
引用文献数23
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat