‘ツクネイモ’担根体中のアラントインの定量分析

‘ツクネイモ’担根体中のアラントインの定量分析

レコードナンバー672990論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名仁宮 章夫
村田 芳行
多田 幹郎
ほか1名
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ72巻・ 4号, p.321-323(2003-07)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (344KB) 
抄録アラントインは、人体では抗炎症作用や抗潰瘍作用があり、植物中では窒素の貯蔵と輸送における重要な形態であると考えられている。‘ツクネイモ’担根体中のウレイド、特に、アラントインの分析を行った。フェニルヒドラジンによる分光光度法によってウレイド(アラントインとアラントイン酸)を、HPLCによってアラントインのみを定量した。‘ツクネイモ’の担根体には2.6mg・gFW(-1)アラントインが含まれていたが、葉と茎からは検出できなかった。ヤマノイモ科に属する‘ヤマトイモ’、‘ナガイモ’、‘ジネンジョ’にはアラントインがそれぞれ2.3、0.47、1.2mg・gFW(-1)含まれていた。しかし、ジャガイモとサツマイモには、0.1mg・gFW(-1)以下のアラントイン量しかなく、サトイモの‘石川早生’と‘京イモ’からは検出できなかった。なお、調べた全試料のアラントイン酸の含有量は無視できる量であった。
索引語作用;酸;炎症;潰瘍;植物;窒素;貯蔵;輸送;形態;分析
引用文献数12
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat