岩手県閉伊川に生息する遡河回遊型ワカサギの産卵生態

岩手県閉伊川に生息する遡河回遊型ワカサギの産卵生態

レコードナンバー673167論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名佐々木 剛
猿渡 敏郎
渡邊 精一
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ51巻・ 2号, p.141-150(2003-06)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (198KB) 
抄録遡河回遊型ワカサギの産卵生態を調べるために、1995年から1998年の産卵期に閉伊川において調査を実施し、河川の水温、水量等の環境要因、体サイズ、性比に関して考察した。調査の結果、水温が約10度を越えると遡上が開始し、遡上のピークは常に雪融けによる濁り水が治まってから始まった。その後、半月周期的にピークが確認された。4年間にわたり、性比は雄に偏っているが、雌が多くなるのは新月の前後であった。体サイズは年変動し奇数年は大きく、偶数年は小さい。これに対し、遡上期間は奇数年が短く、偶数年は長い。また、体サイズが大きい年は雌の体サイズは雄より大きいが、体サイズが小さい年は雄雌の差は認められなかった。
索引語年;雄;雌;回遊;ワカサギ;産卵;生態;調査;水温;性比
引用文献数26
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat