空気中に放置したIHN病死ニジマス稚魚の体内におけるウイルスの生存性

空気中に放置したIHN病死ニジマス稚魚の体内におけるウイルスの生存性

レコードナンバー673215論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00010789NACSIS書誌IDAN10189523
著者名小原 昌和
書誌名長野県水産試験場研究報告 = Bulletin of Nagano Prefectural Fisheries Experimental Station
別誌名長野県水産試験場事業報告
発行元長野県水産試験場
巻号,ページ5号, p.47-48(2001-03)ISSN02893045
全文表示PDFファイル (140KB) 
抄録1.IHNで病死したニジマス稚魚を、4℃及び10℃のインキュベーター内と直射日光が当たらない屋外(気温-6℃~18℃)に放置して、魚体内のIHNVの生存期間を調べた。2.放置された病魚は著しい乾燥状態になったが、魚体内のIHNVは10℃及び屋外放置下では10日間、4℃放置下で30日間生存することが分った。
索引語ニジマス;生存;ウイルス;気温;乾燥;放置;病死;稚魚;屋外;魚体
引用文献数3
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat