地域農業再生と活性化に果たす農産物直売所

地域農業再生と活性化に果たす農産物直売所

レコードナンバー680051論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00007186NACSIS書誌IDAN00200914
論文副題長崎県における農産物直売所を事例として
著者名白武 義治
書誌名農業経済論集
発行元九州農業経済学会
巻号,ページ54巻・ 1号, p.25-38(2003-06)ISSN03888363
全文表示PDFファイル (996KB) 
抄録①消費者による安全・健康志向の一層の高まりと、有機農産物や地場産品など「顔」のみえる農産物への期待が高まっており、また、②地方自治体によって設置されたふるさと特産品センター、農林畜産物加工施設、宿泊施設などに農産物直売所が併設されたことによって、都市と農村の交流が新たな拡がりをみせ始めている。産地では高齢化や兼業化が進行する中で、農協共販体制の強化のみでは産地の販売額低下を抑制できなくなってきていることなどから、販路として農産物直売所が位置づき急増している。現在、豊かな地域・地場消費の復権と、地域的生産条件に適合した活力ある在来型野菜生産の復権が問われており、そこに農産物直売所機能が大きな役割を果たしているとみられる。そこで、本研究では、地域農業再生と活性化に果たす農産物直売所の役割と課題を、長崎県下に散在する農産物直売所を事例に検討した。
索引語農産物;地域;農業;再生;活性化;長崎県;産地;生産;健康;期待
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat