臭化メチル代替剤に対応したトルコギキョウ安定生産技術の開発

臭化メチル代替剤に対応したトルコギキョウ安定生産技術の開発

レコードナンバー680060論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20002372NACSIS書誌IDAA11567599
著者名多田 幸広
保木 規子
藤本 豊秋
ほか1名
書誌名岐阜県中山間農業技術研究所研究報告 = Bulletin of the Gifu Prefectural Research Institute for Agricultural Sciences in Hilly and Mountainous Areas
別誌名Bulletin of the Gifu Prefectu[r]al Research Institute of Agricultu[r]al Science in Hilly and Mountainous Areas
Bulletin of the Gifu Prefectual Research Institute of Agricultual Science in Hilly and Mountainous Areas
発行元岐阜県中山間農業技術研究所
巻号,ページ2号, p.14-20(2003-04)ISSN13465708
全文表示PDFファイル (934KB) 
抄録トルコギキョウ栽培において、土壌消毒に臭化メチル代替剤としてクロルピクリンテープ剤を使用し、土壌消毒の時期はほ場の利用上夏期を外し、春期と秋期に実施する方法を検討した。その結果、ビニル被覆及びハウス密閉によって地温を高めると、秋期及び春期処理においても安定した土壌病害防除効果が得られるとともに、殺草効果があることを明らかにした。現在、クロルピクリンテープ剤はトルコギキョウに対して登録がないので、適用拡大が待たれる。
索引語トルコギキョウ;代替;土壌消毒;生産;技術;開発;栽培;時期;利用;夏
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat