ニホンジカの生息動態と森林被害防除に関する調査(4)

ニホンジカの生息動態と森林被害防除に関する調査(4)

レコードナンバー680329論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00010767NACSIS書誌IDAN10318590
著者名森 一生
高橋 昌隆
井坂 利章
書誌名徳島県林業総合技術センター研究報告
別誌名研究報告
発行元徳島県林業総合技術センター
巻号,ページ36号, p.11-16(1999-07)ISSN03860310
全文表示PDFファイル (545KB) 
抄録シカによる林業被害の防止策として各種ネット素材ツリーシェルター法の有効性を調査した。また被害調査を行い、被害発生と生息密度の関係を調査した。・4種類の素材(生分解繊維(ラクトロン)、防風ネット、トリカルネット、ヘキサチューブ(新))でツリーシェルター法の有効性をテストした。樹高が1m以下なので摂食被害はないが、主軸曲がりが少数みられた。・生息密度と被害状況を関連づけられる調査箇所(8カ所)において被害発生と生息密度の関係を調査したが、明確な相関関係は確認できなかった。
索引語被害;調査;生息密度;素材;発生;動態;森林;防除;シカ;林業
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat