かん水同時施肥栽培におけるコーンスティープリカーおよびメタン消化液の利用がメロンの生育および収量に及ぼす影響

かん水同時施肥栽培におけるコーンスティープリカーおよびメタン消化液の利用がメロンの生育および収量に及ぼす影響

レコードナンバー680962論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名中野 明正
上原 洋一
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ2巻・ 3号, p.175-178(2003-09)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (434KB) 
抄録化学肥料を基肥として用いる無機基肥区、液肥用化学肥料を用いる通常のかん水同時施肥区(無機養液区)および有機性液肥を用いる有機養液区の3処理を設定してメロンを栽培し、生育と果実品質に及ぼす影響を検討した。有機養液区にはCSL(実験1)とメタン消化液(実験2)を用いた。液肥用メタン消化液には酢酸を添加し、リン酸やカルシウムなど肥料成分を可溶化した。実験1では3処理区中CSL区の収量および可溶性固形物含有率が最も低かった。CSLのみを液肥として用いる有機養液土耕はメロンの栽培法として問題があると考えられた。実験2では、通常の栽培とほぼ同等の収量および可溶性固形物含有率の果実を得ることが示された。これは、メタン消化液の窒素成分の70%が無機態窒素であるため、初期の肥効が確保され、初期の生育が良好であったためと考えられた。
索引語栽培;メタン;消化液;液肥;養液;メロン;生育;収量;施肥;化学肥料
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat