15年間のケヤキ種子生産量の変動と豊凶に関与する要因

15年間のケヤキ種子生産量の変動と豊凶に関与する要因

レコードナンバー681108論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015842NACSIS書誌IDAN00198561
著者名吉野 豊
書誌名日本林學會誌 = Journal of the Japanese Forestry Society
別誌名日本林学会誌
発行元日本林學會
巻号,ページ85巻・ 3号, p.199-204(2003-08)ISSN0021485X
全文表示PDFファイル (827KB) 
抄録兵庫県内の2カ所のケヤキ人工林で15年間(1987-2001年)にわたり9月以降に落下した種子生産数を調査した。種子生産数は年変動が大きく、隔年結果の傾向を示した。種子の豊凶周期は約6km離れた2林分間で同調した。健全な種子の割合は凶作年で低く、豊作年で高い傾向を示した。重回帰分析により年別の種子生産数に関与する要因を分析した結果、前年7月の平均最高気温と前年の種子量が強く影響していることがわかった。つまり、7月に高温少雨で、前年が凶作の場合には、翌年は豊作となる傾向が認められた。これらの結果から種子の豊凶は、個体の資源量と花芽分化時期の水ストレスの影響を強く受けていると考えられた。
索引語種子;年;生産;ケヤキ;変動;要因;兵庫県;人工林;周期;林分
引用文献数42
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat