体外受精由来のウシ胚盤胞の胚盤胞腔維持に及ぼすサイトカラシンDの影響

体外受精由来のウシ胚盤胞の胚盤胞腔維持に及ぼすサイトカラシンDの影響

レコードナンバー681966論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名續木 靖浩
芹澤 幸二
藤原 昇
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ20巻・ 3号, p.106-112(2003-10)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (1933KB) 
抄録本研究では、体外受精で作製したウシ胚盤胞を形態的に良好なものと不良なものとに分け、アクチンの重合阻害剤であるサイトカラシンD(CD)で処置した場合の胚盤胞の維持率を調べ、胚盤胞腔の維持に果たすアクチンの役割を検討した。また、透過型電子顕微鏡(EM)による観察も行った。その結果、CD処理を行うと、胚盤胞腔の維持率は、良好な形態を示す胚盤胞に比べて、不良な形態を示す胚盤胞では有意に(P<0.05)高かった。一方、EMで観察すると、不良な形態を示すCD処理した胚盤胞では、一般にCDに対して感受性がないと考えられている栄養芽細胞表面の微絨毛内部の電子密度が著しく低かった。以上のことから、アクチン重合は、ウシ胚盤胞の胚盤胞腔と微絨毛の維持に必要であると考えられた。また、不良形態を示す胚盤胞のアクチン重合能は、良好な形態を示すものに比べて低いことが推察された。
索引語胚盤胞;形態;アクチン;ウシ;重合;体外受精;サイトカラシン;観察;処理;研究
引用文献数24
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat