キク新品種「プリンセスかがわ」の育成

キク新品種「プリンセスかがわ」の育成

レコードナンバー682163論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00017190NACSIS書誌IDAN00294000
著者名古市 崇雄
村上 恭子
松本 由利子
書誌名香川県農業試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Kagawa Prefecture Agricultural Experiment Station
発行元香川県農業試験場
巻号,ページ56号, p.57-60(2003-10)ISSN03748804
全文表示PDFファイル (657KB) 
抄録1.「プリンセスかがわ」は組織培養植物体に軟X線照射を行い、突然変異を誘発して育成した品種である。紫ピンク単色の原品種「ピンクセイコー」の花色が変異した赤紫色パッキン咲きで、一輪仕立ての切り花向き品種である。2001年7月に種苗法に基づき、品種登録の出願を行った。2.「キク特性審査基準」による特性分類では、「ピンクセイコー」に比べて、開花時の草丈がやや低いこと、茎の色が赤紫であること、葉の葉身長、葉幅値が小さく、葉の表裏面とも色が濃いこと、花の外花弁の表面色が赤紫、裏面の色が濃紫ピンクであること等で区別性が認められる。なお、生態分類型は秋ギクである。到花週数は8-9週である。低温開花性と病害抵抗性は中である。低温伸長性と虫害抵抗性は弱である。3.作型は露地電照、加温電照栽培に適応し、耕種概要は原品種に準じ、肥培管理はスプレーギクに準じる。1月出荷作型では「ピンクセイコー」と同程度に帯状花が2割程度発生する。
索引語品種;色;葉;性;キク;育成;開花;花;低温;抵抗性
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat