西南暖地向けのダイズ新品種サチユタカの乾物生産特性

西南暖地向けのダイズ新品種サチユタカの乾物生産特性

レコードナンバー682269論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名馬場 彰子
鄭 紹輝
松永 亮一
井上 眞理
古屋 忠彦
福山 正隆
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ72巻・ 4号, p.384-389(2003-12)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (538KB) 
外部リンク
抄録西南暖地向けに育成されたダイズ新品種サチユタカの生育特性を明らかにするため、フクユタカと比較しその乾物生産特性について調査を行った。両品種を2001年7月9日および2002年7月4日に播種し、生育、乾物生産、収量および収量構成要素を測定した。その結果、サチユタカはフクユタカに比べて開花期、成熟期ともに早く栄養成長量は小さかったが、収量には有意な差はなかったため、粒茎比が高くなった。葉面積指数(LAI)、個体群成長速度(CGR)、地上部全重、茎重については開花期まではサチユタカの方が高かったが、開花期以降サチユタカではあまり増加がみられず、最大値はフクユタカのほうが高かった。なお、両品種の光合成速度、純同化率(NAR)には差異はみられなかった。一方、莢実重は、サチユタカでは増加開始時期は早いが成長速度には両品種間に差はみられなかった。茎重は成熟期に近づくにつれて減少した。さらに、茎中の非構造性炭水化物含有率は開花期においては両品種に差がなかったが、成熟期に近づくにつれて大きく低下し、その低下率はサチユタカで65%、フクユタカで40%であった。これらのことから茎中に蓄積された炭水化物が子実肥大期に莢実に再転流されたことが考えられた。以上の結果から、栄養成長量の小さいサチユタカがフクユタカに匹敵する収量を得られたのは、開花までの成長速度がやや高く、栄養成長の停止が早いため栄養成長と生殖成長の間の同化産物の競合が弱く、さらに茎中の非構造性炭水化物の再転流が多いことで同化産物の利用効率が高まったためであると考えられた。
索引語開花;茎;品種;栄養;速度;乾物生産;特性;収量;炭水化物;暖地
引用文献数21
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat