登熟期の気温がイネの暗呼吸と乾物生産に及ぼす影響

登熟期の気温がイネの暗呼吸と乾物生産に及ぼす影響

レコードナンバー682276論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
論文副題播種期を異にしたポット栽培での比較
著者名平井 儀彦
山田 稔
津田 誠
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ72巻・ 4号, p.436-442(2003-12)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (750KB) 
外部リンク
抄録登熟期の気温の違いがポツト栽培したイネ個体の暗呼吸量と穂の乾物成長に及ぼす影響を定量的に検討するため、4月、5月、6月の3時期に播種することで登熟期の気温を変え、気温の差が登熟期の暗呼吸速度と乾物生産に及ぼす影響を調査した。出穂日は4月播種では8月4日で、5月と6月播種ではそれぞれ4月播種より14日と28日遅かった。4月播種における出穂後6日目-19日目の平均気温は、5月と6月播種より約4℃高かった。回帰法により成長呼吸と維持呼吸を推定すると、穂の暗呼吸速度は主に穂の成長に関わっており、穂の維持呼吸は4月播種と5月播種では高く、6月播種で低かった。茎葉部の暗呼吸速度は主に穂への炭水化物の転流に関わっており、茎葉部の維持呼吸は4月播種と5月播種で高く、6月播種で低いと推定された。つまり、出穂期の違いによる平均気温の上昇は必ずしも維持呼吸を増大させないことが示唆され、維持呼吸は登熟期の気温に直接影響されるだけでなく、それまでの生育前歴によっても変わると考えられた。また、穂の乾物成長は維持呼吸の増加にともなう暗呼吸量の増大によって低下することが定量的に示された。
索引語呼吸;播種;気温;穂;登熟;速度;出穂;イネ;乾物生産;栽培
引用文献数40
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat