窒素条件の異なる林分におけるヤブツバキ落葉の漂白部の化学性と菌類相

窒素条件の異なる林分におけるヤブツバキ落葉の漂白部の化学性と菌類相

レコードナンバー682396論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015842NACSIS書誌IDAN00198561
著者名小出 奏
大園 享司
書誌名日本林學會誌 = Journal of the Japanese Forestry Society
別誌名日本林学会誌
発行元日本林學會
巻号,ページ85巻・ 4号, p.359-363(2003-11)ISSN0021485X
全文表示PDFファイル (1038KB) 
抄録ヤブツバキ落葉上には特徴的な漂白がしばしば認められる。窒素飽和条件下の林分と対照区の林分において、これら漂白部の化学性と菌類相を調べ、漂白を受けていない非漂白部のそれらと比較した。リグニンとポリフェノールの各濃度は非漂白部より漂白部で低く、全炭水化物濃度は非漂白部より漂白部で、窒素飽和区より対照区の林分で高かった。落葉の漂白部からはリティズマ科子のう菌類のCocomyces sp.のアナモルフ、およびクロサイワイタケ科子のう菌類のXylaria sp.のアナモルフやGeniculosporium sp.など10種が、また落葉の非漂白部からはGeniculosporium sp.、Nodulisporium sp.など7種がそれぞれ分離された。窒素飽和区と対照区で、菌類相に違いはみられなかった。これらの結果から、ヤブツバキ落葉の漂白はクロサイワイタケ科やリティズマ科の子のう菌によるリグニンとポリフェノールの分解によって生じると考えられた。
索引語漂白;落葉;菌類;窒素;林分;条件;化学;性;リグニン;ポリフェノール
引用文献数23
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat