異なるカボチャ品種の果実生長にともなう糖代謝関連酵素活性の変動

異なるカボチャ品種の果実生長にともなう糖代謝関連酵素活性の変動

レコードナンバー682923論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名立石 亮
中山 大海
磯部 勝孝
ほか3名
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ73巻・ 1号, p.57-59(2004-01)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (227KB) 
抄録カボチャ品種‘みやこ’(Cucurbia maxima)および‘はやと’(C.moschaa)の果実生長における糖の蓄積と糖代謝関連酵素活性の変動を測定した。糖の蓄積パターンは品種間で異なっており、収穫時では‘はやと’は‘みやこ’よりグルコースやフルクトースの蓄積量が多かった。未熟果ではスクロース含量が低く、また、スクロース分解酵素類の活性が高かった。両品種とも生長にともなって、スクロースリン酸合成酵素(SPS)活性が増大するとともにスクロース分解酵素類の活性が減少し、スクロースが蓄積した。SPS活性は‘はやと’のほうが高かったが、両品種のスクロースの蓄積量に大きな差は認められなかった。SPSは果実生長後期のスクロースの蓄積に関与するが、カボチャの場合その蓄積量についてはSPS活性だけでは説明できなかった。
索引語活性;蓄積;品種;酵素;生長;糖;カボチャ;果実;代謝;変動
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat