有機溶媒を用いたヤマブドウ花粉の長期貯蔵に関する研究

有機溶媒を用いたヤマブドウ花粉の長期貯蔵に関する研究

レコードナンバー682942論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名本間 英治
遠藤 正昭
高橋 秀典
ほか1名
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ2巻・ 4号, p.289-292(2003-12)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (275KB) 
抄録雌雄異株で受粉が必要なために、収量が安定しないヤマブドウの安定生産を目指して、花粉を有機溶媒の中に貯蔵して翌年の人工受粉に利用する方法を検討した。採取時の発芽率が50.6%の花粉を-20℃の低温下と2種類の有機溶媒中に貯蔵した。低温下では貯蔵後189日、アセトン貯蔵区では117日で花粉の発芽力がほぼ失われたが、ジエチルエーテル貯蔵区では貯蔵1年後でも22.8%の発芽率を保持した。ジエチルエーテル中に貯蔵した花粉と当年に採取した新鮮な花粉をそれぞれ人工受粉し、結実率と果実品質に及ぼす影響を比較した結果、ジエチルエーテル貯蔵区の結実率は新鮮花粉受粉区に比べてやや劣ったが、十分な結実率が得られた。また、収穫時の果実品質には差が認められなかった。
索引語貯蔵;花粉;発芽;結実;人工;低温;果実;品質;研究;収量
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat