1-2日間隔の暗期中断処理が数種葉菜類の生育に及ぼす影響

1-2日間隔の暗期中断処理が数種葉菜類の生育に及ぼす影響

レコードナンバー682946論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名浜本 浩
嶋津 光鑑
池田 敬
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ2巻・ 4号, p.307-310(2003-12)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (330KB) 
抄録1-2日間隔の暗期中断が数種の葉菜類の生育に及ぼす影響について検討した。実験1では、ホウレンソウに対して0.4-1.2μmol・m(-2)・s(-1)の白熱灯による深夜の暗期中断を毎日51分(毎日処理)か、月、水、金曜日に2時間(間隔処理)行った。実験2では、ホウレンソウとコマツナを白熱灯を用い1.0-1.5μmol・m(-2)・s(-1)の強度で間隔処理を行った。実験3では、ホウレンソウ、サラダナ、コマツナに対して、LEDを用いて0.5-1.8μmol・m(-2)・s(-1)の強度で間隔処理を行った。実験1では処理26日目で毎日処理区の22%の株に抽だいを確認したが、間隔処理区では確認できなかった。実験2と3では、白熱灯およびLEDによる間隔処理でホウレンソウの生育が抽だいを抑えつつ促進され、無処理の対照区に比べて草丈、葉数、地上部乾物重が大きくなった。しかし、サラダナおよびコマツナに対しては、間隔処理による生育促進はみられなかった。
索引語処理;生育;ホウレンソウ;種;葉菜;強度;促進;水;目;草
引用文献数11
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat