日本におけるファーストフード中のダイオキシン類レベルとその同族体分布

日本におけるファーストフード中のダイオキシン類レベルとその同族体分布

レコードナンバー683028論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名天倉 吉章
堤 智昭
佐々木 久美子
米谷 民雄
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ44巻・ 6号, p.316-320(2003-12)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (800KB) 
抄録日本国内で購入した各種ファーストフード(ハンバーガー17検体、ホットドッグ2検体、フライドポテト6検体、チキン製品3検体)中のダイオキシン類分析を行った。その結果、各試料の毒性等量(EQ)は湿重量当たり0.001-0.083pg-EQ/g(ハンバーガーおよびホットドッグ(0.006-0.053pg-EQ/g)、フライドポテト(0.001-0.083pg-EQ/g)、チキン製品(0.053 -0.065pg-EQ/g))と低レベルであった。また各同族体分析の結果から、ハンバーガー、ホットドッグでは総EQ値におけるCo-PCB群の占有が大きく、異性体では3、3'、4、4'、5-PeCB(#126)が全体の44%を占めた。フライドポテトではPCDD/F類が94%と占有が大きく、異性体では2、3、4、7、8-PeCDFが32%を占めた。チキン製品では3、3'、4、4'、5-PeCB(#126)および1、2、3、7、8-PeCDDがそれぞれ23%、21%を占めた。
索引語日本;ダイオキシン;分析;異性体;分布;毒性;検体;pg-EQ;ハンバーガー;ホットドッグ
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat