妊娠,分娩,授乳期および性周期中のラット子宮プロゲステロン受容体mRNA量の変化

妊娠,分娩,授乳期および性周期中のラット子宮プロゲステロン受容体mRNA量の変化

レコードナンバー683130論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014744NACSIS書誌IDAA10936678
著者名村田 拓也
樋口 隆
書誌名The Journal of reproduction and development
発行元Japanese Society of Animal Reproduction
巻号,ページ49巻・ 6号, p.425-432(2003-12)ISSN09168818
全文表示PDFファイル (1233KB) 
抄録プロゲステロンは、雌の生殖機能に重要な働きを持っている。本研究では、妊娠、授乳期および性周期中のラットプロゲステロン受容体(PR)mRNAを競合的PCR法を用いて測定した。妊娠および授乳期において、PRmRNAレベルは、妊娠20日と21日に有意に減少し(vs妊娠15日、分娩時、授乳3日、7日、14日)、そして、分娩時に有意に上昇した後(vs妊娠15日、18日、20日、21日)、授乳1日目に低下した。さらに、授乳3日と14日に有意な増加が見られた(vs妊娠15日、18日、20日、21日)。性周期中のPRmRNAレベルには、有意な変化は見られなかった。また、卵巣を摘出した未経産ラットにおいて、1週間のプロゲステロン処置のみ、プロゲステロン処置下でのエストロゲン投与、およびプロゲステロン処置除去後のエストロゲン投与によっても、PRmRNAレベルには変化は見られなかった。妊娠ラットにおいて、妊娠18日に卵巣を摘出し、6時間後にエストロゲンを投与すると、投与後18時間後に偽手術および卵巣摘出対照群と比べて、PRmRNAレベルが有意に増加した。以上の結果より、妊娠、分娩および授乳期において、ラット子宮PRmRNAレベルが異なった制御を受けていること、そして、分娩時においては、エストロゲンがPRmRNAレベルの増加に必須な因子の一つであることが示唆された。
索引語妊娠;mRNA;分娩;ラット;エストロゲン;投与;性周期;卵巣;子宮;受容体
引用文献数35
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat