カキ‘刀根早生'果実のβ-D-galactosidaseの部分精製とその特性

カキ‘刀根早生'果実のβ-D-galactosidaseの部分精製とその特性

レコードナンバー683846論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名石丸 恵
茶珎 和雄
上田 悦範
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ29巻・ 6号, p.323-327(2003-12)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (366KB) 
抄録‘刀根早生’果実は、脱渋後の肉質が柔らかく美味で生産量、流通量共に増加している。しかしながら、‘刀根早生’果実は収穫後急速に軟化することが問題となっている。そこで、細胞壁分解酵素の一つであるβ-D-galacosidaseに注目し、酵素の精製および特性について調査した。‘刀根早生’果実のβ-D-galacosidaseはBuyl oyopearlとMono-SカラムによりG-I画分とG-II画分が得られ、それぞれ4.2、38.1倍に精製され1.08、14.6%の収率であった。G-II画分のND-PAGEにおける分子量は約120 kDaであり、SDS-PAGEにおいて、約35 kDaと約46 kDaの2本のバンドが確認され、β-D-galacosidaseは2つのサブユニットから構成されていると思われた。G-II画分の最適pHは5.0であり、pH5-8でほぼ安定であった。
索引語根;早生;果実;精製;特性;酵素;pH;カキ;肉質;流通
引用文献数23
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat