デュロック(D)種豚の新系統の開発研究

デュロック(D)種豚の新系統の開発研究

レコードナンバー683884論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011203NACSIS書誌IDAA11642901
論文副題第二世代豚の成績について
著者名河合 恒祐
吉岡 豪
今枝 紀明
ほか1名
書誌名岐阜県畜産研究所研究報告
発行元岐阜県畜産研究所
巻号,ページ3号, p.93-99(2003-07)ISSN13469711
全文表示PDFファイル (502KB) 
抄録今年度は、前年度に引き続き第一世代豚の繁殖能力調査と、その産子である第二世代豚の産肉能力調査、肉質調査及び肢蹄評価を行ったので報告する。1.第一世代豚の繁殖能力は、産子数が少なかった個体が多く、正確な評価は出来なかった。2.一日平均増体重(DG)は、雄954±92g、雌901±97gであり第一世代と比較して雌雄とも41g向上した。3.ロース芯断面積(EM)については、雄38.9±2.1cm2、雌42.1±1.6cm2であり雄では変化が見られなかったが雌では約2cm2大きくなった。4.背脂肪厚(BF)は、雄1.37±0.23cm、雌1.49±0.25cmと第一世代に比べ雌雄とも0.19cm厚くなった。5.胸最長筋肉の粗脂肪含量(肉質調査)は3.01±1.00%(2.00~4.69%)だった。6.第二世代豚の肢蹄の評価は、第一世代と評価点が異なるため、直接的な比較は出来ないが肢蹄評価得点の満点に対する比率で比較してみると、雌雄とも20ポイント改善された。
索引語評価;調査;雄;雌;能力;蹄;繁殖;肉質;脂肪;種
引用文献数3
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat