Campylobacter jejuniのブロイラー農場における汚染とPolymerase Chain Reaction法による検出に関する基礎的研究

Campylobacter jejuniのブロイラー農場における汚染とPolymerase Chain Reaction法による検出に関する基礎的研究

レコードナンバー683953論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020638NACSIS書誌IDAA1163152X
著者名伊藤 隆
書誌名日本家畜臨床学会誌 = Japanese journal of large animal clinics
別誌名Japanese journal of veterinary clinics
東北家畜臨床研究会誌
発行元日本家畜臨床学会
巻号,ページ25巻・ 2号, p.51-58(2002-11)ISSN13468464
全文表示PDFファイル (769KB) 
抄録Campylobacer jejuni(C.jejuni)は、ヒトの下痢症の起因菌として重要な位置を占めている。本研究では、ブロイラー農場における本菌の浸潤状況およびブロイラーへの感染経路について調査を行った。調査を行ったブロイラー農場の糞便101検体中67検体(66.3%)からC.jejuniが分離され、これらの血清型は散発性下痢症および食中毒からの分離率の高いものであった。C.jejuniのブロイラーへの感染経路についての調査はこの農場の3つの鶏群について行った。A群はウインドレス鶏舎で、作業員は鶏舎に入る際履き物および作業服の交換を行った。B群、C群は開放鶏舎で、履き物のみの交換を行った。C.jejuniは1週齢時には全く分離されなかったが、B群、C群では3週齢以降の全サンプルから継続的に分離された。A群では4週齢時2羽、7週齢時1羽からC.jejuniが分離されたのみであった。これらの血清型はJ-5が大半を占めた。C.jejuniの分離は、J-5に汚染されているH鶏群の出荷後であった。また、出荷の際、作業員は作業服および履き物の交換を行っていなかった。C.jejuniの経時的分離状況、分離菌の血清型から本菌は作業員を介して伝播するものと考えられた。C.jejuni検出にPolymerase Chain Reacion法(PCR)を応用したところ、flagellin A遺伝子(fla A)から設計したプライマーセットによりC.jejuniの特異的検出に成功した。ニワトリ敷料中の検出限界は10(2.0)CFU/gであった。血清型別試験用菌株のPCR産物を用いて制限酵素MboIによる分解を行ったところ、4つの切断パターンが得られた。ype-1と2は既報のfla Aと判断され、C.jejuniは制限酵素断片長多型(RFLP)によって少なくとも4つのタイプに分けられる可能性が示唆された。Liorの血清型別とPCR-RFLPとの相関についてLior 4、Lior 6、CK 12及びLior 7の菌株を用いて実施した。この結果、本研究で見いだされたPCR-RFLPとLiorの血清型別結果との間に一致性が確認された。今回設計したプライマーセットを用いたPCR-RFLPは、本菌の疫学調査ならびに食中毒の原因食を決定する上で有効な手段であると思われた。
索引語分離;血清;ブロイラー;PCR;農場;検出;調査;齢;RFLP;研究
引用文献数27
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat