生乳輸送における衛生管理と品質変化

生乳輸送における衛生管理と品質変化

レコードナンバー683967論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014790NACSIS書誌IDAA11125739
論文副題タンクローリーとソフトタンクシステムとの比較検討
著者名塚本 知玄
浅野 浩正
小野 伴忠
書誌名ミルクサイエンス = Milk science
発行元日本酪農科学会
巻号,ページ52巻・ 3号, p.127-136(2003-12)ISSN13430289
全文表示PDFファイル (1087KB) 
抄録生乳輸送をモデルとして、液体輸送の新しい手段であるソフトタンクシステムと従来法の主流であるタンクローリー輸送について、容器の洗浄度、輸送時の品温、菌数、品質の変化等を比較検討した。平成13年夏、5回の配送試験を実施し(岩手県遠野市から埼玉県行田市へ。平均走行距離600Km、平均輸送時間19時間)、以下の結果を得た。1.ソフトタンクの洗浄度は良好で、洗浄後の容器内の生菌数測定値も低値で安定していたのに対し、タンクローリーの洗浄度は部位によるムラが見られ、洗浄不十分と考えられる部位が観察された。これは、タンクローリー内部の複雑で洗浄しにくい部分についての情報が洗浄作業者に十分に伝わっていないことが原因と考えられた。2.タンクローリー輸送では輸送により乳温上昇が観察された。乳温上昇と外気温との相関関係が見られなかったこと、また、タンク上部のヘッドスペースが少ない過積載状態の輸送では乳温上昇が抑えられたことなどから、タンクローリー配送では、外気温よりも、直射日光によるタンク上部の温度上昇に伴うヘッドスペースの温度上昇が、乳温上昇に大きく影響をあたえることが示唆された。一方、ソフトタンクシステムは輸送中の品温上昇は無かったが、外気温に依存した品温変化が観察された。温度を一定範囲内に制御する工夫が必要と考えられる。3.いずれの配送においても、菌数の大幅な変化は観察されなかった。4.タンクローリー輸送では生乳の脂質含量に変化が見られた。これは、輸送中の攪拌、衝撃もしくは振動でチャーニング現象が起こり、巨大脂肪球(クリーム)が生じたためと推察される。ソフトタンク輸送ではこの変化は見られなかった。これらの結果は、ソフトタンクシステムが、新しい生乳輸送手段として、衛生面と品質面でタンクローリーに劣らない優れたシステムと成り得ることを示している。
索引語輸送;システム;洗浄;品質;気温;温度;衛生;容器;管理;モデル
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat