中山間地茶園のテラス式整備法に関する研究

中山間地茶園のテラス式整備法に関する研究

レコードナンバー690075論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20000245NACSIS書誌IDAA11545825
著者名米山 誠一
矢嶋 雄二
書誌名岐阜県農業技術研究所研究報告 = Bulletin of the Gifu Prefectural Research Institute for Agricultural Sciences
別誌名岐阜農技研報
発行元岐阜県農業技術研究所
巻号,ページ2号, p.16-25(2002-03)ISSN13464396
全文表示PDFファイル (1346KB) 
抄録中山間地茶園に機械化作業体系を導入するためのテラス式整備法を検討した。その結果、県内茶園を2類型化するとともに、レール走行式管理機を導入するためのテラス式茶園標準区画を明らかにした。テラス式整備の検討にはパソコンを利用したシミュレーションが有効な手法であった。茶園類型ごとに整備水準を変化させた場合の茶園形状や土工量、整備コストを明らかにした。さらにテラス式整備と機械化の投資経済性を検討して個別経営や共同利用組織が負担できる整備費用を明らかにした。
索引語茶園;中山間;機械化;類型;研究;作業体系;走行;管理;区画;シミュレーション
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat