国内二条オオムギのDNAマーカーによる品種識別

国内二条オオムギのDNAマーカーによる品種識別

レコードナンバー690093論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名内村 要介
古庄 雅彦
吉田 智彦
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ73巻・ 1号, p.35-41(2004-03)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (1245KB) 
外部リンク
抄録二条オオムギの種子の純度維持、品種育成者の権利保護および農作物の品種の適正な取引の検査を目的として、DNAマーカーによる二条オオムギ品種の識別技術を確立した。識別が可能な二条オオムギ品種は、近年国内で栽培されている22品種、および外国2品種の合計24品種である。これらの品種識別は、9種類のSSプライマーと6種類の制限酵素の組合せによる9通りのPCR反応と制限酵素処理を行って得られた制限酵素断片長多型を、1.8%アガロースゲルを用いた電気泳動により検出することで可能であった。さらに、同様の24品種間において1.8%アガロースゲル(SSR分析は3.0%)を用いた電気泳動により品種識別が可能で、視認性かつ再現性に優れているCAPSマーカー28種類、SSRマーカー1種類、RAPDマーカー5種類も選定した。
索引語品種;マーカー;識別;オオムギ;制限酵素;ゲル;電気泳動;DNA;種子;育成
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat