マツノザイセンチュウに感染したクロマツ苗木に生成される異常代謝産物

マツノザイセンチュウに感染したクロマツ苗木に生成される異常代謝産物

レコードナンバー690425論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011693NACSIS書誌IDAN10453166
著者名二井 一禎
書誌名日本線虫学会誌
別誌名日本線虫学会誌
発行元日本線虫学会
巻号,ページ33巻・ 2号, p.45-56(2003-12)ISSN09196765
全文表示PDFファイル (653KB) 
抄録クロマツ苗木の主軸部にマツノザイセンチュウを接種した時、異常代謝産物が生産される。これら物質の化学的な特性を、吸光スペクトル、ペーパークロマトグラフィー、液体クロマトグラフィーなどの方法を用いて調査した。また、線虫接種後のこれら物質の動態を明らかにするため、接種点からの距離と接種後の時間を変えてその量と、線虫個体数を調査した。一つの物質は吸光スペクトルのピークが278mm付近にあり、このピークは自動酸化により小さくなるが、INの水酸化ナトリウムを添加すると287mmへとピーク位置が移動する。この物質は組織の褐変と関係があり、自動酸化が進むと次第に色は濃くなる。また、この物質はマツノザイセンチュウの個体数増加にともない増加するので、線虫感染に関係して生産された物質であると考えられる。これらの性質から、最も大量に生産される物質はポリフェノール類の一種で、縮合型タンニンの前駆体であるカテキンに類似の物質であることが明らかになった。
索引語物質;接種;マツノザイセンチュウ;線虫;クロマツ;苗木;異常;代謝産物;クロマトグラフィー;個体
引用文献数23
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat