環境基準の達成に向けた家畜ふん堆肥,化学肥料を組み合わせた成分調整肥料の開発と施肥技術の確立(3)

環境基準の達成に向けた家畜ふん堆肥,化学肥料を組み合わせた成分調整肥料の開発と施肥技術の確立(3)

レコードナンバー690711論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014244NACSIS書誌IDAN00380179
著者名松田 誠
町田 豊
小村 洋美
谷口 昭二
書誌名鹿児島県畜産試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Kagoshima Prefectural Livestock Experiment Station
Bulletin of the Kagoshima Livestock Experiment Station
発行元鹿児島県畜産試験場
巻号,ページ37号, p.127-131(2003-12)ISSN0389357X
全文表示PDFファイル (242KB) 
抄録窒素成分量を同一にした施肥条件で,豚ぷんペレット堆肥と化学肥料を組み合わせた施肥(ペレット区),豚ぷん尿及び化学肥料を組み合わせた施肥(糞尿区)と,化学肥料のみ(対照区)の3区を設定し,トウモロコシを栽培し,収量,成分値を比較した。1 乾物収量は,ペレット区と糞尿区が840kg/10a,対照区が820kg/10aでほぼ同等の収量であった。2 乾物中の成分値は,粗たん白質はペレット区が9.9%,糞尿区が9.5%,対照区が8.5%であった。3 硝酸態窒素含量は全ての区で0.04%以下であった。グラステタニー比(K/Ca+Mg当量)はペレット区が2.93で基準値の2.2を超え,加里の減肥が必要と思われた。4 土壌成分は,PHは播種前,刈り取り後ともに,対照区が他の2区に比べて,低かった。刈り取り後のペレット区の20cm層位で,硝酸態窒素及び有効態リン酸含有量(トルオーグ法)がやや高い値であった。生育期間中の1m層位の土壌溶液のEC及び硝酸態窒素濃度は,対照区が他の2区に比べて,高かった。
索引語ペレット;成分;化学肥料;窒素;施肥;糞尿;収量;硝酸;乾物;が
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat