乳牛用飼料給与診断設計ソフトDAIRY Ver3の開発

乳牛用飼料給与診断設計ソフトDAIRY Ver3の開発

レコードナンバー690730論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010368NACSIS書誌IDAN00350451
著者名古賀 照章
吉田 宮雄
砂場 洋次
ほか1名
書誌名長野県畜産試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Nagano Animal Industry Experiment Station
巻号,ページ29号, p.8-13(2001-04)ISSN03893545
全文表示PDFファイル (340KB) 
抄録乳牛の飼料設計や飼料給与診断を行うソフトウエアを開発した。LOTUS 1-2-3(R)のマクロ言語を用いて、ユーザーインターフェースに優れたソフトを作成した。飼養標準は1994年版日本飼料標準と1989年版NRCを選べるようにした。TMR(完全混合飼料)もしくは自家配合飼料を設計して、これを一つの飼料として組込める階層構造を作り、その階層構造は3レベルまで可能とした。50頭までの牛のデータから牛群の栄養管理状況を把握できるようにした。飼料設計の指標として、乾物、粗蛋白、粗繊維、粗灰分、TDN、Ca、P、デンプン、油脂、ADF、NDF、OCW、SIP/CP、UIP/CP、NFC、咀嚼時間、Mg、Na、K、Cl、S、粗因子および価格を用いた。農家ごとのデータファイルの保存・読込、図表の出力などの機能を作成した。
索引語飼料;設計;乳牛;診断;開発;データ;日本;混合飼料;配合飼料;栄養
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat