黒毛和種子牛の尿からPCRにより検出されたレプトスピラDNAと血清抗体との関連

黒毛和種子牛の尿からPCRにより検出されたレプトスピラDNAと血清抗体との関連

レコードナンバー690886論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014298NACSIS書誌IDAN00040603
著者名阿久沢 正夫
杉谷 智彦
大石 明広
会亀 祐子
佐藤 めぐみ
田端 克俊
出口 栄三郎
書誌名鹿兒島大學農學部學術報告
別誌名Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University
鹿児島大学農学部学術報告
学術報告
発行元鹿児島大學農學部
巻号,ページ54号, p.1-7(2004-03)ISSN04530845
全文表示PDFファイル (380KB) 
抄録牛の尿中のレプトスピラDNAをPCRにより検出し、血清中の抗体の推移との関連を検討した。放牧されている1年齢未満の黒毛和種子牛14頭から毎月1回血液と尿を採取し、レプトスピラの血清抗体の測定と尿中のレプトスピラDNAのPCRによる検出、血液と尿の生化学検査と尿沈渣の鏡検を行った。生化学検査ではとくに異常値は認められず、尿沈渣の鏡検でもレプトスピラの菌体は確認できなかったが、血清抗体は7頭、尿のPCR検査は6頭が陽性であった。尿のレプトスピラDNA検出および血清抗体の関連については、牛は血清レプトスピラ抗体が認められるときにも尿中にレプトスピラを排泄し、感染源になることが推測された。また、血清中のレプトスピラ抗体が検出されずに、牛の尿中にレプトスピラDNAがPCRによって検出された牛が認められた。このため、牛におけるレプトスピラ感染状況の検索には、血清抗体の測定と尿中のレプトスピラDNAのPCRによる検出の併用が最良の方法であると考えられた。
索引語尿;血清;抗体;検出;DNA;PCR;検査;種;子牛;血液
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat