犬の三尖弁に発生した心臓粘液肉腫

犬の三尖弁に発生した心臓粘液肉腫

レコードナンバー691152論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011639NACSIS書誌IDAN10192925
著者名町田 登
星 克一郎
田中 綾
山根 義久
勝田 新一郎
三森 国敏
書誌名動物の循環器 = Advances in animal cardiology
発行元獣医循環器研究会
巻号,ページ36巻・ 2号, p.110-116(2003)ISSN09106537
全文表示PDFファイル (544KB) 
抄録右心不全により死亡した9歳の犬の三尖弁に心臓粘液肉腫の発生がみられた。剖検では、三尖弁中隔尖に付着した卵円形の腫瘤は5.5×3×2.5cmの大きさで、右心房と右心室を占拠していた。腫瘤の割面は灰白色、黄色、赤色などさまざまで、広範な壊死・出血領域を伴っていた。組織学的には、酸性粘液多糖類に富んだ無定形ないし細線維状の粘液様基質と、核内に豊富なクロマチンを有し旺盛な増殖活性を示す多形性の細胞からなっていた。これらの腫瘍細胞は免疫組織化学的に平滑筋分化の傾向を示した。
索引語粘液;肉腫;発生;細胞;卵;大きさ;壊死;出血;酸性;多糖類
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat