兵庫県南西部に分布するシリブカガシ林の階層構造と種類組成

兵庫県南西部に分布するシリブカガシ林の階層構造と種類組成

レコードナンバー691216論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20013913NACSIS書誌IDAA11834695
著者名山瀬 敬太郎
上山 泰代
吉野 豊
ほか1名
書誌名兵庫県立農林水産技術総合センター研究報告. 森林林業編
発行元兵庫県立農林水産技術総合センター
巻号,ページ51号, p.8-12(2004-03)ISSN13477749
全文表示PDFファイル (2402KB) 
抄録兵庫県南西部に分布する4林分のシリブカガシ林を対象に、階層構造と種類組成について調査を行った。その結果、過去の人為的な影響の程度の違いによって、階層構造と種類組成が異なる2つのタイプが認められた。神社林として成立しているシリブカガシ林は、階層構造が発達しており、種類組成が豊富な傾向がみられた。一方、かつて薪炭林利用のために伐採され、その後放置されたシリブカガシ林は、階層構造が単純化しており、種類組成も貧弱であった。また、種類組成から判断して、今回調査した4林分のシリブカガシ林は、いずれも照葉樹林化の初期段階に位置していたが、適切な管理が行われていたと推察される前者のシリブカガシ林では、照葉樹以外の照葉樹林要素の植物が多くみられた。このことから、後者のシリブカガシ林でも、今後、照葉樹林要素の植物の発芽や生長を促進することができる適切な管理を行うことによって、種類組成が豊富な種多様性の高いシリブカガシ林に誘導できる可能性が示唆された。
索引語組成;兵庫県;林分;調査;管理;植物;利用;発芽;生長;種多様性
引用文献数12
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat