各地土壌からのOlpidium brassicaeの検出と分離菌のチューリップ微斑モザイクウイルス媒介能

各地土壌からのOlpidium brassicaeの検出と分離菌のチューリップ微斑モザイクウイルス媒介能

レコードナンバー691302論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016779NACSIS書誌IDAN00352796
著者名守川 俊幸
多賀 由美子
書誌名土と微生物
別誌名Soil microorganisms
発行元土壌微生物研究会
巻号,ページ58巻・ 1号, p.43-52(2004-04)ISSN09122184
全文表示PDFファイル (885KB) 
抄録O.brassicaeの分布を明らかにするため、国内の1道、1府、12県から73地点の耕地土壌(一部は植物根)を収集し、捕捉植物(ササゲ、マクワウリ、レタス、タバコ、野生エンバクまたはキャベツ)に接種して、O.brassicaeの寄生の有無を調査した。その結果、58地点の試料(供試試料の79%)において、いずれかの植物でO.brassicaeの寄生が観察された。本菌が検出された58地点のうち、ササゲでは55地点、マクワウリでは50地点の土壌で本菌が検出された。一方、レタスでは17地点の検出にとどまり、その他野生エンバク、キャベツ、タバコでの検出は極めて少なかった。なお、ササゲやマクワウリを用いて分離された菌の植物寄生性を調査したところ、レタスあるいはキャベツに対する寄生性の分化が認められた。次に、O.brassicaeのTMMMV媒介能を調査するため、49菌株(うち11菌株は単遊走子嚢分離株)をポットに植え付けたTMMMV感染チューリップにそれぞれ接種し、その周囲に健全チューリップ球根(検定株)を植え付けて、この検定株へのウィルス感染の有無を調査したところ、供試菌株の少なくとも40菌株が本ウィルスを媒介することが明らかになった。
索引語検出;植物;寄生;土壌;分離;チューリップ;媒介;レタス;キャベツ;タバコ
引用文献数28
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat