チモシー(Phleum pratense L.)種子収量性の簡易検定法の開発

チモシー(Phleum pratense L.)種子収量性の簡易検定法の開発

レコードナンバー691546論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名玉置 宏之
吉澤 晃
藤井 弘毅
ほか1名
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ50巻・ 1号, p.52-54(2004-04)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (237KB) 
抄録チモシー種子収量性の効率的改良に供するための簡易検定法の開発を試みた。チモシーの種子収量は1穂種子重、さらには穂1cmあたり種子重(種子密度)と密接に関連しているため、少数の穂から実際に採種を行い、その1穂種子重や種子密度を調査する方法が簡易検定法として適当と考えた。この考えに基づき、圃場の株から引き抜かれた節間伸長茎を以後温室内で水栽培する方法の有効性について検討した。2002年5月に圃場から引き抜かれた節間伸長茎を温室内で採種時まで水栽培した結果、それらの1穂種子重と種子密度は、特に2000年の圃場試験の結果とよく一致したため、この方法はチモシー種子収量性の簡易検定法として有効であるとの結論に達した。
索引語種子;穂;チモシー;収量;検定;性;密度;圃場;開発;採種
引用文献数6
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat