外国産チューインガム中のテルペン樹脂の分析

外国産チューインガム中のテルペン樹脂の分析

レコードナンバー691568論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名鵜澤 昌好
桜井 孝治
奥山 知子
朝田 慎也
坂ノ下 典正
塚田 陽康
河原 成元
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ45巻・ 2号, p.67-72(2004-04)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (427KB) 
抄録チューインガム中のテルペン樹脂の分析方法を開発した。チューインガムをヘキサンで抽出し、シリカゲルカラムクロマトグラフにて2回(ヘキサン、酢酸エチル)処理することによりテルペン樹脂を精製し、LC/MSとIRにて分析を行った。テルペン樹脂が分子量136であるピネン、リモネンなどの重合物混合物であることから、LC/MSにおけるトータルイオンクロマトグラム上のテルペン樹脂に該当する成分のMSスペクトル(M+H)+はm/Z136おきのピークパターンになり、テルペン樹脂に特徴的なものであった。IRはテルペン樹脂タイプがピネンかリモネンかを判定する際に有効であった。本法により国内販売されている海外生産チューインガムよりテルペン樹脂が検出された。
索引語テルペン;樹脂;分析;酢酸;重合;成分;生産;チューインガム;MS;ヘキサン
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat