リサイクル基材を用いた垂直面薄層緑化基盤の開発と基盤周囲の温度特性

リサイクル基材を用いた垂直面薄層緑化基盤の開発と基盤周囲の温度特性

レコードナンバー691767論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009763NACSIS書誌IDAA11830967
著者名豊原 憲子
川本 誓文
越村 惣次郎
ほか2名
書誌名大阪府立食とみどりの総合技術センター研究報告 = Bulletin of Agricultural, Food and Environmental Sciences Research Center of Osaka Prefecture
別誌名Bull. Agr. Food Env. Res. Ctr. Osaka
大阪食とみどり技セ研報
大阪府立食とみどりの総合技術センター研究報告
発行元大阪府立食とみどりの総合技術センター
巻号,ページ40号, p.12-17(2004-03)ISSN13484397
全文表示PDFファイル (828KB) 
抄録数種のリサイクル素材の中から植物の生長に及ぼす影響および基盤骨材としての機能を確認し,選抜したリサイクルウールおよび砕石残土焼成発泡体をセメントで固化した垂直面用リサイクル緑化基盤を開発した.この基盤および植栽が基盤周囲の温度に及ぼす影響を明らかにした結果,西側コンクリート壁面に設置した無植栽の基盤表面の温度は太陽の位置が正面となった16時に45℃を超えた.それに伴い,基盤表面の雰囲気温度が上昇し,外気が暖められた.一方,植栽により緑陰となった基盤の表面温度は正面から日射を受ける時間帯を除き,気温より低い温度で推移した.このとき,植栽面の温度は,同様にかん水を行った条件の無植栽基盤裸面よりも約2℃温度が低くなった.また,緑化基盤を設置した壁面の室内側壁面温度は,基盤の植物・水分の有無に関係なく,基盤を設置していない部分と比較して低くなり,基盤の断熱効果が認められた.
索引語温度;緑化;表面;開発;植物;特性;種;素材;生長;機能
引用文献数3
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat