テンサイ直播栽培の初期生育における実態調査について

テンサイ直播栽培の初期生育における実態調査について

レコードナンバー691868論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009215NACSIS書誌IDAN00352173
著者名伊東 知英
藤井 勝敏
秦泉 寺敦
書誌名てん菜研究会報 = Proceedings of the Sugar Beet Research Association
別誌名Proceedings of the Japanese Society of Sugar Beet Technologists
てん菜技術連絡研究会発表論文集
てん菜研究会報
発行元甘味資源振興会
巻号,ページ45号, p.57-60(2004-05)ISSN09121048
全文表示PDFファイル (397KB) 
抄録テンサイ直播栽培について、大野ら(1993)や新妻ら(1997) が栽培実態調査より、直播栽培の問題点を播種期の早期化や発芽率向上、土壌pHの適正化等と報告している。今回はテンサイ直橋栽培における安定生産に向けた、有効な方法と課題を耕起から発芽期までの初期作業と生育について1999年から2002年の4年間にわたり栽培実態について調査を行った。砕土、整地、鎮圧、播種期については地域や圃場で異なり、各農家が選択し行っている。近年、着実に石灰資材の投入がなされ、土壊pHは改善が見られた。また、テンサイ直播栽培の安定生産農家は不安定生産農家と比較すると、播種時期が早い、砕土率が高い、土壌水分が高い等の違いが見られた。
索引語栽培;テンサイ;実態;調査;生産;農家;生育;播種期;発芽;土壌
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat